四日市萬古焼総合卸商社

株式会社 三陶

四日市市三ツ谷5-10 TEL 059-331-1266 FAX 059-332-0688
ホームプライバシーポリシー
器
株式会社 三陶
〒510-0802 四日市市三ツ谷5-10
TEL 059-331-1266 FAX 059-332-0688

特集

Page:
2014/06/19
【レシピ】
玄米ご飯釜で玄米の「びっくり炊き」
 
びっくり炊き(2合として)

~材料~
・玄米 2合
・お水 500cc(目安)
・追い水(びっくり水) 300cc(目安)
・塩 小さじ1/2
※お好みで水の量と火加減調整してみてください

~手順~
① 玄米2合をボールに入れ水に漬ける。
  浮いてきたゴミなどを取り除く。

② 水に漬けた玄米をザルなどで水切りして、
  水500ccと塩小さじ1/2と一緒にご飯釜に入れる。

③ 内蓋のみをして、中火~強火で25分程度加熱する。

④ 芳しい香りがしてくる(水分が無くなってくる)ので、
  300ccの追い水(びっくり水)を内蓋の穴から注ぐ。

⑤ 外蓋をして、弱火で15分程度加熱する。

⑥ 火を止め、蓋を開けないまま、20分程度蒸らせば出来上がり。





⇒ 玄米ご飯釜は器専堂ショッピングサイトでも取り扱っています。
2014/06/19
【レシピ】
ご飯釜で玄米炊き
 
ご飯釜全般での玄米炊き(3合として)

~材料~
・玄米 3合分
・お水 850cc(目安)
※お好みに応じて、水量や火加減は調整してください。


~手順~
① 玄米3合(計量カップ3杯)をボールに入れ水に漬ける。

② 拝み洗いでしっかり5~6回洗い、玄米の殻に傷を付ける。
  (浸水しやすくなります)

③ 洗った玄米の水をザルなどで切り、水850ccと一緒にご飯釜に入れる。
  *水の量は、お好みで調整して下さい。

④ 蓋をして一晩漬け置きする。
  (急ぎの場合でも最低2時間以上)

⑤ ご飯釜をコンロに載せ、点火する。
  最初は弱火で30分加熱する。
  (ご飯釜全体を温め、玄米への浸水効果を高めるため)

⑥ 30分経ったら強火で10分加熱する。
  (10分以内に沸騰するようであれば、ふきこぼれないように火力を落として、
   合計10分間の加熱時間は確保する)

⑦ 10分経ったら蓋を取り、玄米を下からかき混ぜて、再び蓋をして20分蒸らす
  *火傷しなように、鍋つかみ等を利用してください。

⑧ 20分蒸らしたら蓋を取り、炊き上がった玄米をほぐして出来上がり。



a