四日市萬古焼総合卸商社

株式会社 三陶

四日市市三ツ谷5-10 TEL 059-331-1266 FAX 059-332-0688
ホームプライバシーポリシー
器
株式会社 三陶
〒510-0802 四日市市三ツ谷5-10
TEL 059-331-1266 FAX 059-332-0688

Q&Aコーナー

Page:
2020/05/15
【困ったときは】
ご飯が美味しく炊けない!

 
よくお問い合わせをいただくのが、
「ご飯釜を使っても美味しくご飯を炊けない!」
というお困り事ですので、それについてお答えします。

美味しく炊けない・・・というのは、大きく2つの状況に陥ることが多いようです。


----------
①何度やっても焦げ付いてしまう

 取扱説明書通りに炊いても、鍋底で焦げ付いてしまう(おこげのレベルじゃない)というもの。
 この場合は、火力が強過ぎるのが原因です。

 大変申し訳ないながら、弊社が商品に同梱している取扱説明書も完璧ではありません。
 コンロの機種も日進月歩でして、
 弊社が想定している火力が、想像以上の高出力になっていることがあるのがホンネです。

 取扱説明書には、最短炊飯時間を紹介しようと、「強火で〇〇分」と記載することも多いのですが、
 この“強火”が何kWなのか、もはやコンロの機種によってマチマチになっているため、
 このようなお困り事を引き起こす要因となってしまっております。

 ≫解決策
  火力を中火にしてみてください。
  中火とは、コンロの火炎の先端が鍋底にちょうど達するぐらいの火力です。
  これにより、
  強火よりも炊飯時間は長くなってしまいますが、火加減調整が不要になる利点があります。
  中火で沸騰させ、そのまま1~2分キープし、あとは火を切るだけ。
  これを実践するだけで、焦げ付きトラブルは格段に減るはずです。
  ちなみに、
  この考え方は、鍋料理や陶板料理にも応用できます。


----------
②何度やってもお米の芯が残っている感じ

 こちらの場合は、水分不足 or 加熱不足が原因です。

 ≫解決策
  水分不足については、お客様それぞれの好みがあると思いますので、
  弊社としても一義的に決められないのがホンネでして、
  お好みの水加減を、何度か炊いてみながら探していただく必要があります。
  目安として、
  米1合に対して水190mlを基本として、
  固めが好きな方は、米1合に対して水180mlに、
  柔らかめが好きな方は、米1合に対して水200ml
にすることを推奨しています。

  加熱不足については、上記①と同じ要領で、
  中火で沸騰させ、そのまま1~2分キープし、あとは火を切るだけ。
  を実践していただくことで、かなり解消されるのではないかと思います。

 ≫ちょっとひと手間
  不安な場合は、
  火傷しないよう充分に対策(ミトンなど)した上で、フタを開けて中を確かめてみても大丈夫です。
  よく、フタを開けるな、と耳にしますが、少しぐらい開けても大きな影響はありません。
  「これで良い」と思っていた加熱完了時間においても、
  まだお米の上に水位がある場合は、加熱が足りていない証拠です。
  水位がお米に隠れるぐらいまでは加熱するようにしてください。
  (これを一度やっておけば、その後は悩まずに炊飯できるようになるはずです。)


それでもお困りの場合は、お手数ですが、弊社までお問い合わせいただければ幸いです。