四日市萬古焼総合卸商社

株式会社 三陶

四日市市三ツ谷5-10 TEL 059-331-1266 FAX 059-332-0688
ホームプライバシーポリシー
器
株式会社 三陶
〒510-0802 四日市市三ツ谷5-10
TEL 059-331-1266 FAX 059-332-0688

Q&Aコーナー

Page: 1 
2020/05/12
【素材について】
素材の違い ①
 

意外と知られていない各種素材の特徴を、比較しやすいようにまとめてみました。

【磁器】
「石由来の原料を主成分とし、透光性があり、吸水性が無い」ことが定義となります。
強度があるので薄く作ることができ、耐久性が高いのが特徴です。
ただし、熱衝撃に対しては弱い一面があります。
普段使いの食器に適した素材です。
 <主な産地> 
   美濃焼、瀬戸焼、有田焼、波佐見焼など
 <使い方>
   〇 食洗機、電子レンジ
   △ オーブン(ものによります)
   ✕ 直火



【半磁器】
磁器と陶器の中間の性質をもち、土味(温かみ)がありつつも、釉薬の発色が良いのが特徴です。
熱衝撃に比較的強く、業務用オーブンでも使用可能。
吸水性があるので、釉薬部に貫入が入ることもあります。
萬古焼では、オーブンウェアの素材としても積極的に使用されています。
 <主な産地>
   萬古焼、瀬戸焼など
 <使い方>
   〇 食洗機、電子レンジ、オーブン
   ✕ 直火



【陶器】
土由来の原料を主成分としています。
温かみがある反面、強度が弱いので厚く作られることが多いのが特徴です。
使用していく中で色合いが変わっていき、味わいが出てきます。
吸水性があるので、釉薬部に貫入が入ることもあります。
萬古焼では、食器用に用いるほか、土鍋などの【耐熱陶器】も作っています。
 <主な産地>
   萬古焼、伊賀焼、信楽焼、益子焼、萩焼など
 <使い方>
   〇 電子レンジ
   △ 食洗機(ものによります)
   ✕ 直火、オーブン



【炻器(せっき)】
陶器の一種ですが、吸水性がほとんど無いのが特徴です。
その特徴を活かし、急須など、液体を入れる器の素材として使われることが多いです。
反面、磁器と同様に、熱衝撃に弱い一面があります。
萬古焼では、【紫泥(しでい)】と呼ばれる、独特な紫褐色の急須や器を作っています。
 <主な産地>
   萬古焼、常滑焼など
 <使い方>
   〇 電子レンジ
   △ 食洗機(ものによります)
   ✕ 直火、オーブン
2020/05/11
【素材について】
素材の違い ② ~耐熱陶器~
 
萬古焼で使われている【耐熱陶器】について紹介します。

【耐熱陶器】
素材の中に、加熱や冷却に対して強くなる原料を混ぜ合わせています。
これにより、直接火にかけても使える器を作り出すことができます。
特に、萬古焼の土鍋は「火にかけても割れない土鍋」として全国に知れ渡り、
今では、国産土鍋の80%のシェアを占めるに至っています。
 <製品例>
   土鍋、ごはん釜、焼芋鍋、陶板、煎じ土瓶など
 <使い方>
   〇 直火、オーブン、電子レンジ
   △ 食洗機(ものによります)



2020/05/10
【素材について】
素材の違い ③ ~紫泥~
 
萬古焼で使われている【紫泥(しでい)】について紹介します。

【紫泥(しでい)】
萬古焼において、還元焼成によって焼締められた、紫褐色の炻器(せっき)を指します。
鉄分を多く含んだ陶土を、還元焼成する(陶器が酸化されないように焼くこと)と、
素材の中に含まれる鉄分が黒く焼き上がります。
焼き上がった後、冷却のために空気に触れさせると、
わずかながらに陶器が酸化され、酸化鉄(赤褐色)が生成されます。
この、還元鉄の黒と酸化鉄の赤褐色の微妙なバランスで、紫褐色に変化するのです。
 ※このため、窯元によって、紫泥の色がそれぞれ異なります。

強度が高く、土にコシもあるので、非常に薄く作ることもできます。
吸水性がほとんど無いので、急須やフリーカップなどの素材に使われることが多いです。

 <使い方>
   ✕ 食洗機、直火、オーブン、電子レンジ




鉄分を多く含むことで、紫泥にはお茶の味をまろやかにする効果があります。
お茶の渋み成分の一つであるタンニンは、金属イオンと反応する性質があります。
紫泥の中に含まれる鉄分とタンニンとが反応することで、渋みが抑えられ、自然とまろやかな味になるということです。

三重県はお茶の生産量も全国3位、「かぶせ茶」という茶種については全国1位の生産量を誇ります。
陶器のみならず、三重県のお茶も是非ご堪能ください。